医師転職サイト比較ランキング【比較表付き・2020年】~好評の医師転職サイト厳選5社

このページでは、転職をご検討中の医師の方向けにおすすめの医師転職サイトをご紹介します。医師のような数少ない専門職の方が納得のいく好条件の職場への転職を実現させるためには、今や医師専用の転職サイトのご利用は欠かせません。

なぜなら、全国の医療機関の待遇の良い医師求人はその医師転職サイトに「非公開求人」として集まってくるからです。

この「非公開求人」というのは、相場よりも高給・好条件であるゆえに応募が殺到する恐れがある等の理由でネット上や求人雑誌等には一切公開されず、文字通り「非公開」という扱いとなっています。

いずれかの医師転職サイトに登録をした医師だけが、担当になるキャリアアドバイザーからご希望に沿う好条件の非公開求人を対面・電話・メール等で密に紹介してもらえる仕組みになっています。

▼転職サイトと転職エージェントの違い】
「転職サイト」と一口にくくられることが多い人材紹介サービスですが、厳密には「転職サイト」の他に「転職エージェント」というものがあります。 転職サイトは担当者が付かず、利用者が自分で求人を検索して情報を仕入れることのできるサービスを指します。 一方、転職エージェントは担当者が付き、求人探しから応募・面接・入職、さらに所によってはアフターサポートまでを無料でサポートしてくれるサービスを指します。 医療系の人材紹介サービスにおいては、専門職かつ高収入の職種を取り扱う事情から担当者が付く「転職エージェント」であることがほとんどです。 しかし、先に申し上げました通り、いずれのサービスも今は「転職サイト」としてまとめて呼ばれることが多いため、当サイトでも転職エージェントのことを「転職サイト」として記載させていただいています。

1、医師転職サイト比較表

ここではおすすめの医師転職サイトを項目別に調査し、簡単な比較表を作成しました。

※2020年10月調査データです。


【1、エムスリーキャリアエージェント】【①求人数】 業界最多数(公開求人数27000件以上、非公開求人多数)
【②医師会員数】  非公開(※運営サイト「m3.com」の医師会員数は29万人以上)
【③調査】 キャリアアドバイザーが担当地方の医療機関を徹底調査
【④評判】 96.1%の医師が「満足」以上の評価
【⑤特徴】 ・対象エリアは全国。
・年間1万人以上の医師が利用する転職支援サービスです。
・非常勤求人の取り扱いが少ない。
・キャリアアドバイザー全員が医療経営士の資格を保有。経営的視点・知識を以って、「年収20%アップ」「当直の削減」「医療機器の導入」「役職採用」「新たな採用枠の創出」など過去さまざまな交渉を成功させています。
【2、Dr転職なび】【①求人数】 常時8500社・30000件以上の求人(非公開求人含む)
【②医師会員数】 20000名以上 ※2020年8月時点
【③調査】 全国11拠点から医療機関を徹底調査
【④評判】 好評(ほとんどの口コミで4つ星以上(MAX5))
【⑤特徴】 ・対象エリアは全国。
・キャリアエージェント全員が医療経営士の資格を保有。
・社内ITシステム「スマートマッチ」と人との連携によるベストマッチな求人探し。
・過去の転職サポート過程で得た情報や転職された医師へのアンケート等による情報をストックする仕組みを構築。公開されている求人情報などでは分からないレベルの各医療機関の詳細情報を所有。
【3、マイナビドクター】【①求人数】 取引先医療機関数20000法人超え・80000件以上の求人(非公開求人含む)
【②医師会員数】 非公開
【③調査】 全国数十拠点から医療機関を調査
【④評判】 好評(ほとんどの口コミで4.5つ星(MAX5))
【⑤特徴】 ・対象エリアは全国。
・年収調整や新たな求人枠の創出の実績多数。
・産業医等の企業求人多数あり。
・首都圏・関西・東海に強い。
・プライバシーマーク取得済み。
【4、医師転職ドットコム】【①求人数】 39480件以上(非公開求人含む) 医療機関専門の経営コンサルティングファームのネットワークを活用。
【②医師会員数】 40000名以上
【③調査】 全国7拠点から医療機関を徹底調査
【④評判】 94.7%の医師が「満足」
【⑤特徴】 ・対象エリアは全国。
・医師の転職事例等が載ったマニュアルがもらえる場合あり(口コミより)。
・高給、産業医、役職、製薬など多種多様な非公開求人あり。
・個人を特定できない履歴書を作成。話が具体的になるまでは匿名性を担保したまま転職活動が行える。
・プライバシーマーク取得済み。
【5、民間医局】【①求人数】 取引先医療機関13000施設。公開求人17000件以上。
【②医師会員数】 124000名以上
【③調査】 全国17拠点から医療機関を徹底調査
【④評判】 90%の医師が「満足」と回答
【⑤特徴】 ・対象エリアは全国。
・医師向け保険や福利厚生など多様なサービスを提供(割引あり)。
・医師向け専門誌「ドクターズマガジン」を発行。 ※民間医局会員は無料。

2、医師転職サイト比較ランキング厳選5社-2020年版

ここでは上記でご案内した現在好評の医師転職サイト厳選5社の特徴をランキング形式で比較し、さらに詳しくご紹介します。

【1、エムスリーキャリアエージェント】

常勤求人をお探しならまずは押さえておきたいのがこちらです。

エムスリーキャリア

[運営会社]: エムスリーキャリア株式会社
[所在地]: 東京都港区虎ノ門4-1-28
[営業所数]: 2営業所(東京、大阪)
[資本金]: 1億円
[設立]: 2009年


 エムスリーキャリアエージェントは東証一部上場のエムスリー(m3)グループの1社エムスリーキャリア株式会社が運営する業界最大手の医師転職サイトです。エムスリーグループは全国の医師31万人中、29万人以上の医師会員数を誇る医療情報サイト「m3.com」を運営している有名どころです。

エムスリーキャリアエージェントは所属エージェント全員が医療経営士の資格を保有していることで、その経営的視点により医療機関とのお給与その他の条件交渉に有利です。扱う常勤求人が常時全国15,000件超えで非公開求人案件もとても多いとされるところですので、常勤求人をお探しの医師の方であればとりあえず最初に押さえておくと良い医師転職サイトです。エムスリーキャリアエージェントの口コミ・評判はこちら

>>>エムスリーキャリアエージェントへの
ご登録はこちらです。

【2、Dr.転職なび】

医師求人「常勤」「定期アルバイト」「スポットアルバイト」合わせて30000件超えを取り扱っています。


[運営会社]: 株式会社エムステージ
[所在地]: 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower 5F
[営業所数]: 8営業所(東京・札幌・仙台・大宮・名古屋・金沢・大阪・福岡)
[資本金]: 6250万円
[設立]: 2003年


 Dr.転職なびは大手株式会社エムステージが運営する医師転職サイトです。求人の高いマッチング精度とキャリアアドバイザーの質に定評があるところです。エムスリーキャリア同様こちらも所属アドバイザー全員が医療経営士の資格を保有。

全国8拠点から最新の医師求人を毎日更新しています。また、Dr転職なびは所有する常勤求人の数は平均的ですが、非常勤求人(定期アルバイト・スポットアルバイト※)数は約14,000件超えと業界トップクラスですので、非常勤求人をお探しの医師の方にかなりおすすめです。Dr.転職なびで転職された医師の方の口コミはこちら

※非常勤求人(定期アルバイト・スポットアルバイト)をお探しの方は「Dr.アルなび」サイトがおすすめ。「Dr.転職なび」サイト右上の「定期アルバイトを検索」もしくは「スポットアルバイトを検索」をクリックすると、「Dr.転職なび」サイトから「Dr.アルなび」サイトに切り替わります。

>>>Dr.転職なびへのご登録はこちらです。

【3、マイナビドクター】

常勤・非常勤問わずおすすめ。 産業医求人をお探しならココは外せません!

[運営会社]: 株式会社マイナビ
[所在地]: 東京都千代田区一ツ橋1丁目1-1
[営業所数]: 全国の主要都市に数十のオフィス・支社を展開
[資本金]: 21億210万円
[設立]: 1973年


 マイナビドクターは総合求人最大手のマイナビグループが運営する医師転職サイトです。医療系のみならずさまざまな職種の方のサポートをする大手マイナビグループですので、全国にある拠点数は他社とは比較にならないほど多いです。

常勤・非常勤問わず豊富な医師求人を所有しています。さまざまな業界・企業との接点により、他社では取り扱いが少ない「産業医」の求人が豊富であること、また首都圏・関西・東海エリアの求人を多く取り扱っているのが特徴的です。マイナビDOCTORを利用して転職された医師からの口コミはこちら

>>>マイナビドクターへのご登録はこちらです。

【4、医師転職ドットコム】

常勤・非常勤問わず広くおすすめ!

[運営会社]: 株式会社メディウェル
[所在地]: 東京都渋谷区恵比寿南1丁目5-5 JR恵比寿ビル9F
[営業所数]: 全国7営業所(北海道、仙台、東京(本部)、名古屋、大阪、広島、福岡)
[資本金]: 2億850万円
[設立]: 1996年


 医師転職ドットコムは、薬局・ドラッグストア等をチェーン展開していることで有名な東証一部上場企業アインファーマシーズグループの1社株式会社メディウェルが運営する医師転職サイトです。全国の主要都市7拠点から医師の転職を支援。過去4万人以上の医師の転職をサポートしてきた実績があります。対応スピード・丁寧さに定評あり。常勤・非常勤問わず、役付き、産業医など含め豊富な医師求人をバランスよく所有しています。医師転職ドットコムを利用して転職された医師からの口コミはこちらです。

>>>医師転職ドットコムへのご登録はこちらです。

【5、民間医局】

常勤・非常勤問わず広くおすすめ!

[運営会社]: 株式会社メディカル・プリンシプル社
[所在地]: 東京都港区新橋4-1-1新虎通りCORE
[営業所数]: 全国17支社・オフィス(札幌、仙台、東京、大阪、群馬、埼玉、千葉、神奈川、愛知、石川、京都、兵庫、広島、香川、福岡、熊本、沖縄)
[資本金]: 3億2975万円
[設立]: 1997年


 民間医局は全国17の支社・オフィスに所属する転職エージェントが各地域の医師求人情報を収集してご紹介する業界大手の医師向け転職支援サービスです。民間医局では他にも医師賠償責任保険や福利厚生の紹介、開業支援、女性医師復職支援などを行っており、登録しておくだけで医師の方はそれらさまざまなサービスを受けることができます。

また、メディカルプリンシプル社発行の医師向けヒューマンドキュメント月刊誌「ドクターズマガジン(定価500円/冊・税込)」も民間医局会員の方には毎月無料でお届けされます。民間医局を利用して転職された医師からの口コミはこちら

>>>民間医局へのご登録はこちらです。

3、医師が医師転職サイトを使うと良い3つの理由

ここでは、医師が医師専門の転職サイトを使って転職すると良い3つの理由(メリット)について解説します。

1、【非公開求人】非公開求人の紹介

まずは「非公開求人」の存在です。ここが医師転職サイトを利用する上での最大のメリットと言っても過言ではないでしょう。「非公開求人」とは医師転職サイト各社以外には一切その情報が行かない、外部には一切公開されない求人のことです。ゆえに医師転職サイトに登録しないとまず知ることができない求人案件です。

外部に公開されない理由としては、求人を出していることやその募集条件が外部に洩れてしまうことで、ひとえにその募集を出している病院内外に混乱を招く可能性があるからです。

高給与、役職付きなど募集条件が良いほど同じ職場ですでに働いている人から不平不満が出る可能性は高いですし、好待遇ゆえに応募が殺到してしまうような事態にでもなれば、医療機関で全ての応募者の選考をするのが難しくなりますからね。

そうしたことを避けるため、紹介会社に条件がマッチする医師のみに情報を届けてもらうよう「非公開」という形での求人募集となるのです。

また、中には「独占非公開求人」という扱いの求人案件もあります。これは医療機関が数ある医師転職サイトのうちの信頼ある1社だけにしか募集をかけない求人のことです。

1社だけが独占することで間口を限界まで狭めている分、かなり高給・好待遇の求人であるケースが多いとされています。

2、【代行】忙しい医師に代わって各種手続きを代行してくれる

現役医師の方であれば、転職活動中であっても日々の業務の忙しさは同じかと思います。

医師に限ったことではありませんが、転職活動とはまずご自分に合った求人を探す作業に始まり、求人への応募、面接の日程調整、面接後は採用条件の交渉など、応募先1つ1つを相手にさまざまな作業・手続きが必要です。これらを全て日々の忙しいお仕事の合間に転職する医師お一人でするとなると本当に大変です。

ですが医師転職サイトを利用すれば、担当となったキャリアアドバイザーが医師の希望をお伺いした上で、忙しい医師に代わって可能な限り作業や手続きを代行してくれますので医師の負担は最小限になり、転職活動中と言えども日々のお仕事に集中できます。

3、【情報】医療業界に精通するキャリアアドバイザーならではの客観的アドバイスや情報提供をしてくれる

これまで多くの転職する医師をサポートしてきたキャリアアドバイザーが教えてくれる客観的アドバイスも、これから転職する医師にとっては非常に参考になるかと思います。

  • 「□□のスキルをお持ちの先生であれば、年収〇〇〇万円位は望めますよ。」
  • 「先生と同じ××の経験がお有りの40代医師の方もこの間転職され、一般病院の内科部長に無事就任されました。」

など、相談すればさまざまなアドバイスや周辺情報を教えてくれます。

また、大手のキャリアアドバイザーは担当エリア内の医療機関に日頃から頻繁に足を運んで情報収集をしており、病院の内部情報などにも詳しくなっています。医師人材市場に詳しいキャリアアドバイザーだからこそ提供できる情報は求人以外にもたくさんあります。

4、信頼できる医師転職サイトの3つの特徴

転職は職種に関わらず人の人生を左右する重要なイベントです。医師の場合はどの医師転職サイトを利用するかが転職の成否に大きく関わります。

医師転職サイトを選ぶ上で医師が最も重視するのは何と言っても所有する求人量の多さになるかと思います。土台としてそこがないと話になりませんからね。

しかし、医師転職サイト各社は自社が所有する求人の大部分を非公開求人としているところが多く、どこの医師転職サイトがどれだけの数の求人案件を所有しているかという情報はほぼ企業秘密となっていて、正確な数字はどこも分かりません。時々で変動する数字でもありますからね。

ゆえにそうした求人量に関しては、医師転職サイト各社のホームページでアピールされている公開求人や「非公開求人多数」などの記載を参考に判断するしか方法はありません。

ここでは信頼できる医師転職サイトの特徴として、そうした「求人量」以外に重視すべきものを3つご紹介します。

▼信頼できる医師転職サイトの3つの特徴▼

1, 個人情報を厳重に取り扱っている(転職活動のことを外部にもらさない)。
2, 転職を無理に勧めない。
3, 優れた条件交渉力をもつ。

1、個人情報を厳重に取り扱っている(転職活動のことを外部にもらさない)

医師のような専門職の方はそのお立場ゆえに転職活動をしていることが外部にもれるといろいろと障りがあることもあるかと思います。

しかし、キャリアアドバイザーも人間ですからつい口が滑っちゃった‥なんてことで医師の転職活動のことが外部にバレて取り返しのつかない事態に陥ることが過去ありました。そんなことにならないために、医師転職サイトは個人情報の厳重な取り扱いを徹底している大手を選ぶことが大切です。

2、転職を無理に勧めない

各社のキャリアアドバイザーによっては医師の希望条件に合っていないにも関わらず転職を勧めてくるケースも過去あったようです。キャリアアドバイザーにノルマを設定している会社もあるようですからね。そうしたことの有無は実際にその転職サイトを利用した医師の口コミから判断するしかありません。

もし転職を無理に勧めてきたり、合わないと判断すれば、キャリアアドバイザーを変更してもらうのもありですし、その転職サイト自体に不満を感じるようでしたら、登録を解除してもらって別の転職サイトで転職活動を再開されると良いでしょう。

そうしたお問い合わせは各社で用意されているサポートフォームから簡単にできます。

3、優れた条件交渉力をもつ

最後に各社の転職エージェントの条件交渉力です。これが唯一前向きな条件ですね。

キャリアアドバイザーの条件交渉力に関しては、過去に転職された医師の方の口コミや医師転職サイト各社のホームページで公表されている年収アップやキャリアアップに成功した転職成功者データの数が参考になります。

また、近年では医療経営士の資格の有無が医療機関への条件交渉に一役買っていると言われています。

キャリアアドバイザーが医療経営士の資格を所有していることで、医師の転職先に対して経営的視点をもって条件交渉に臨むことができ、それにより医師の希望するお給与などの希望条件が通りやすいと言われています。

5、医師転職サイトで失敗しない3つの条件

1、実績豊富な大手の中から選ぶこと

医師専門の転職サイトは大小合わせて実は100以上も存在します。その中にはほとんどサービスが稼働しておらずページが更新されていなかったり、求人が1つも公開されていないような小規模なところも多くあります。

そうしたところはもはや論外ですが、これまでに医師転職サポートの実績を積み重ねている信頼ある大手のサービスだけを選りすぐってみると大体十程度あります。

医師転職サイトはそうした大手の中から選ぶのが転職失敗を避けるためにはおすすめです。

なぜなら大手が大手としてこれまで存続してこれたのは、多くの医師転職サポート実績を積み重ねてきたこと、そして医療機関からの信頼により現在多くの非公開求人を所有することができていることが非常に大きいからです。

つまりは実績と信頼有ることこそが、大手が大手たる理由なのです。そうした大手サービスを選ぶほうが転職成功しやすいだろうことは誰が見ても明らかですね。

2、医師転職サイトは必ず複数登録する

医師転職サイトは必ず複数登録して利用することが大切です。理由は簡単、複数の転職サイトを利用することで紹介される求人案件にかぶる部分はもちろん出てきますが、各社それぞれでしか取り扱いがない非公開求人案件に必ず出会えるからです。単純に知ることのできる求人情報が増えます。

また、複数の転職サイトを利用していることを転職サイト各社に伝えることで各社に対応競争が生まれ、より良いサポートを受けられることにも繋がります。

どこも当然できることなら自社から転職してほしいと思っていますからね。紹介する求人案件の質にも身が入るというものです。

また、複数の医師転職サイトを利用することで良いキャリアアドバイザーに巡り合える可能性がその分高まります。転職の成否は実際のところ、担当となるキャリアアドバイザー次第と言っても過言ではありません。

優秀なキャリアアドバイザーが担当に付いてくれさえすれば、病院との採用条件交渉により医師の希望も通りやすくなります。

ただ、複数と言ってもあまり多くの転職サイトに登録してしまうと、それぞれからの情報提供に対応するのがかなり面倒になってしまいます。なので、筆者としては2つ(多くとも3つ)程度の転職サイトを利用するのが最もおすすめです。

3、担当者と合わないと感じたら我慢せずに変更依頼をすること

転職サイトでは、どんな方が担当になるかが転職の成否に大きく関わります。もし性格が合わなかったり知識に不満があれば、担当者を変更してもらうことも可能です。

大手転職サイトにはサービス利用者がお問い合わせをする専用のサポートフォームが必ず用意されていますので、そこから問い合わせてみましょう。

問い合わせの際の注意点としては、当然ですが例え現在の担当者について不満があっても悪く言うことは避け、下記のような無難かつ前向きな理由を添えて変更依頼する形をとると良いでしょう。

【▼変更依頼文の一例】

  • 「現在の担当者様には大変良くしていただいていますが、できれば私の専門である〇〇分野により詳しい方に担当をしていただけると助かります。」
  • 「現在の男性担当者さまには大変お世話になっていて恐縮ですが、(女性の私には)女性でないと相談しにくいことも多々あるため、できれば女性の方に担当して頂けると幸いです。」

6、医師転職サイトによくある不安・質問

1、紹介料のせいで採用されないということは?

ありません。

もちろん紹介料を払わないで済むに越したことはないでしょうが、病院側にとって一番のリスクは何かしらのミスマッチによって、採用した医師がすぐ辞めてしまうことです。

医師にすぐ辞められると、病院側は引き継ぎ、退職手続き、別の医師の採用など更なる膨大な時間的コストがかかってきてしまうことに加え、今回採用までに費やした時間や労力は完全に無駄に帰してしまいます。

そしてそれは長く活躍していただける医師が来ない限り、ずっと繰り返されることになります。紹介会社が勧めてくれる医師であれば、そうしたミスマッチになる可能性は低いので5年10年‥と長く働いていただくことを期待し、病院側は紹介料の支払いによって多少コストはかかろうとも安心して医師を採用することができます。

ちなみに、病院側が医師の採用後に紹介会社に支払う手数料は一般に医師の年収の20~30%程度とされています。なので仮に医師1人を年収1000万円で採用する場合は200~300万円程が病院側から紹介会社(転職サイト)に支払われることになります。

2、紹介料の分、年収を下げられたりするのでは?

医師の年収に関しては、面接時もしくは面接後の採用条件交渉時に必ずキャリアアドバイザーが転職先の医療機関との交渉によって決まったことを書面に残します。

そこで決められた医師のお給与額(年収)が変更されることは契約上正当な理由がない限りあってはならないことです。

もし書面で定められたお給与額(年収)が不当に下げられた場合は、利用した転職サイトの担当者の方に再度連絡をとって事情を伝えてみてください。きっと担当者の方が転職先の医療機関に連絡して話をつけてくれるはずです。

転職サイトというのは、医師を紹介した医療機関から採用後日医師の年収の20~30%を紹介料として受け取ることのできるビジネスモデルですが、結論として、紹介料を支払うことで採用した医師の年収が下がったり影響を受けたりすることは上記理由によりまずありません。

3、医師転職サイトに登録すると今の病院や関係者にバレないか?

バレません。

最近の大手医師転職サイトは個人情報を厳重に取り扱っており、医師ご自身の許諾なく医療機関へ個人を特定できる情報を公開することはまずありません。名前も面接で必要となる時までは応募先の医療機関へ開示されることのないシステムにしているところがほとんどです。

ただ、この辺りのことは転職サイト各社ごとに約束している内容が若干異なりますので、各転職サイトトップページで明示している個人情報の取り扱いに関する内容をご覧になってご判断ください。

どうしても気になる最大限慎重派の方は、プライバシーマークを取得している転職サイトメディウェルの「医師転職ドットコム」などが良いでしょう。

4、すぐに転職したいわけではありませんが、医師転職サイトに登録しても大丈夫?

問題ありません。

転職希望時期は医師によってさまざまですし、そもそも転職しようか否かを迷われている医師もキャリアアドバイザーにとりあえず現状のお悩みを相談してみる目的で医師転職サイトに登録していらっしゃいます。

その場合は、どの医師転職サイトにも登録フォームに「転職希望時期」やそれに類する項目があり、そこで「未定」や「いい求人が見つかればいつでも」といったものが選べますので、そちらを選んで登録されると良いでしょう。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA