医師が転職する際の3大注意点

【1、転職理由を明確にする】

医師に限ったことではありませんが、転職理由を明確にして転職することは転職時の最も重要な注意点です。特に転職理由に今の職場に対する何かしらの不満が含まれる場合には、それを次の転職先で解消できなければせっかくの転職も意味がなくなってしまいますからね。

医師の転職理由はさまざまありはするものの、多くの場合「勤務負担の大きさ」が根本にあることが少なくありません。

転職理由として「家庭・生活事情」で辞める医師が最も多いですが、それも結局はいまの職場の拘束時間が長過ぎることや当直・オンコールが多いことなど現職の勤務負担が大き過ぎることが、家庭との時間が作れなかったり、家庭を大事にできなかったりといった「家庭・生活事情」の不都合につながる原因であったりします。

満足できる転職を実現するためには、そうした現職に対する不満はもちろんのこと今後のキャリア形成なども充分に考慮し、「転職理由」「転職によって実現したいこと」を明確にした上で転職先を探すことが大切です。

【2、時期的に余裕をもった転職活動をする】

医師の転職に必要な時間は短くて3か月、できれば半年ほどと言われています。さらには大学病院の医局を辞めるような場合には、先方の人事の都合を考慮して転職希望時期の1年位前から退職の意向を伝えておくことが良いとされています。

退職方法に関しては、医局の場合は医局ルール、民間の場合は雇用契約書を遵守した方法をとることが大切です。現在がいずれの種類の職場であっても、できれば現在の職場に退職の意向を伝える前に転職先を決めて内定をもらっておくことが望ましいです。

求人探しに関しては妥協することはなりません。転職活動のなるべく早い時期に希望に合致した良い求人に出会いたいものではありますが、それは運によるところも大きいですし、焦らず探し続けることが大切です。

また、希望した転職先が決まらなかったり時期的なことから焦ってしまい、希望を下げてでも転職先を決めようとする医師も多々いらっしゃいますが、それではご入職されてまたすぐ転職しなければならない可能性も高くなります。そんなことにならないよう、時期的に余裕をもった転職活動をしていきましょう。

【3、転職コンサルタントを活用する】

医師はいずれかの医師転職サイトに登録することで、医療業界・医師の転職に詳しい各社所属の転職コンサルタントのサポートを受けられるようになります。今は医師や看護師、薬剤師の方など医療従事者の転職活動には転職コンサルタント(転職サイト)の活用は必須と言えます。

なぜなら、高年収・好待遇の魅力的な医療求人は全て、転職コンサルタントの所属する人材紹介会社に‘非公開求人’として集まるからです。

転職を希望する医師は医師転職サイトに登録して担当となる転職コンサルタントに希望条件をお話しておくことで、一般公開されない非公開求人の中から医師の希望条件に合った求人の紹介を受けることができるようになります。

もちろん、転職コンサルタントを活用するメリットはそれら魅力的な求人に出会えることだけではありません。

そもそもの転職するべきか否かやキャリアプランに対するアドバイス、さらには面接時のお世話や今現在の職場の円満退職へのアドバイスに至るまで医師の転職活動全般をサポートしてくれます。サイトへの登録やサービスのご利用に関して料金は一切かかりません。

医師転職サイトの詳細については、おすすめのところなど下記ページで詳しく解説しています。

>>>医師転職サイト比較ランキング【比較表付き・2020年】~好評の医師転職サイト厳選5社

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA